2013年1月6日日曜日

偽土茯苓(山帰来)



赤い実の蔓性植物は、花材として流通している種で名を山帰来と呼んでいるようです.
近くの花屋で、ヤナギSPとニシキギとサルトリイバラを材料に、入り口をでかいアーチで飾っていた.
店主に、サルトリイバラの種名を聞くと「山帰来」と教えてくれた.
「山帰来」とは、活け花やリースやドライフラワーの花材としての通称名であるらしい.
...................
本来の名前は、山野の自生する「猿捕茨(サルトリイバラ)」ですが、どうして山帰来と呼ぶようになったか?
根茎は土茯苓(どぶくりょう)といい、江戸時代にさかんに輸入されていた漢方薬であり、土茯苓と同属の山帰来(中国産)が偽生薬として流通していたらしい.やはり同属の日本産のサルトリイバラを和山帰来(わのさんきらい)と呼んでいたらしい.

山帰来の名は、梅毒患者は山に隔離されて生きていくしかなかったが、サルトリイバラを生薬として利用すると梅毒が治癒して里に帰れるようになる.つまりそんな薬効あるとして「偽土茯苓」からきているらしい.そして日本産のサルトリイバラを「和の山帰来」というようにもなったといわれる.
.
サルトリイバラ(Smilax china L.)ユリ目サルトリイバラ科シオデ属の分布は、東アジア(中国、朝鮮半島、日本)に、日本では北海道から九州まで.中国に近縁種のサンキライ (Smilax glabra Roxb.)が自生する.
シオデ属は、落葉から常緑、草本から樹木まで数十種、そして根茎に生薬名が命名されているからからややこしい.
...........
簡単にまとめ ①山帰来は通称花材名として流布している. ②梅毒の生薬として中国産山帰来の根茎「土茯苓(どぶくりょう)」がある. ③中国産山帰来と同属(シオデ属)のサルトリイバラが日本に産する. ④薬効あって江戸時代大量に輸入された根茎生薬「土茯苓」の代わりに似た植物のサルトリイバラを「わのさんきらい」と呼ばれていた. ⑤近年グローバル化で花材としてサルトリイバラが輸入されるようになった. 「わのさんきらい」を、流通花材方面で「通称:山帰来」と呼んでいる.etc.
チョウセンニンジンの代用「トチバニンジン」を「和の朝鮮人参」と呼ぶに似たり・・・か.