2013年9月7日土曜日

横津岳(春の大滝)

横津岳登山道路に沿って流れる大川は、横津岳・雲井沼・横津岳気象レーダーを源流として、JRおおなかやま駅付近に流れ豊田で久根別川に合流している。
「春の大滝」は横津岳国際スキー場跡地へ向かう道路(780m付近)から、雪融け時期に華厳の滝風の豪快な滝が見られ、ここにこのような大滝はあったか(?)と、始めて見た者は驚かされる。
雪融け時期を過ぎると、この滝に気付く人はまずいないだろう。人呼んで横津の幻の「春の大滝」。どれだけ大きな滝なのか・・・。研究熱心なSYO氏の誘われ、大川上流の「幻の滝」の正体を見届けに出かけた。
旧函館よこつゴルフ場跡北東端(横津道路沿いの立入禁止のゲート)から、往時の研修施設に向かう舗装道路を下って大川に入渓(550m)した。
三つの大きな治山ダムを越え、遡行中は急流・大石が続いて、オーバーであるけれど、どこも滝の流れのような急流を行くようなものであった。いくつかの滝を越え、10mの滝はロープを出し、流れ盤のオーバーハングの滝は右岸を大高巻きして滝の上に立った。
標高815m付近で行動中止とした。右側(南東側)に比高15m程の斜面のブナ林越しに、手の届きそうなスカイラインが見えた。そこは市街地の高速道路まで下る幅の広大な通称バカツネ尾根だった。
チョット上流を覗いた。ササや灌木に覆われた緩やかな渓床が見えた。ブナ林にダケカンバが混じる林が覆っていた。春の大滝の上に出ていたのだった。沢歩きはここで終わりにした。
春の大滝の正体を見た。上部のバカツネ尾根の220haの雪融け水を集めて流れ落ちていたのであった。横津道路から春の大滝を正面に見ていたので、急な一本の滝に見えていたのであった。続き!
↓ 『ウォッちず』6000 赤フラックは最終到達地点標高815m 参照
春の幻の大滝







山の一覧<・日にち・山名>

0 件のコメント:

コメントを投稿