2014年6月15日日曜日

最後の地

山の仲間の斎藤氏の最後の地へ小路付け作業にでかけました。正午ごろしっかり雨が降り続きました。北海道に梅雨がないのですが、梅雨前線と違う低気圧が居座り、今日で九日間も降り続いているようです。

ガッパあっての作業だから、雨の中でもみんな焦ることなく作業にまい進していました。最後の地の土壌断面です。弱湿性の肥沃な土壌です。

腐植の多い表土は10cmほどありました。その下は1640年降下の火山灰駒ケ岳Cでした。50cm厚でした。その下に八雲層の頁岩混じりのB層が見えました。

くわしくはこちら



0 件のコメント:

コメントを投稿