2015年5月22日金曜日

アズキナシ 豊年



東山公園にて
アズキナシ:今年は当たり年です。咋年は一花も無かったから 豊凶年が明瞭な樹種ですね。

左:アズキナシ(白花が満艦飾)
中:ナナカマド(花つき良い樹種だけど左の人に負けますね)
右:アズキナシ(花つき悪いですな)

(一名カタスギ):堅い杉、材にして観察。心材が赤みを帯びてまるでスギ材の如し。
しかしスギのような柔らかさは無かったから、一命カタスギは材木屋さん起源かと思ったものです。


花の重さか枝もたわわ。葉脈は端正。葉の縁は少々波打って。さらに大小の重鋸歯で、端正にはほど遠いか!

古枝に注目:小豆色にみえませんか?
雄蕊が多数立って 花弁が5枚で梅の花のように見える方は「梅芯」と呼ぶようですが。

森の中で樹肌を見て、何処かに小豆色が潜んでいる印象があります。 ぼくだけかな~。 
ナナカマド属:複散房状花序・心皮合着・梨状果実には複数個の種子入れる。

Sorvus alniforia:果に皮目あり。果に蕚合着しない。子房完全合着。
Sorvus commixta:果に皮目なし。果に蕚合着。子房上部で離生(下部合着)

ナナカマド属内の種同定:
花柱2個:alni.
花柱2-4個:commix.
花柱5個:mathumurana、sambucifolia。


色々の木々の花が森をにぎわすこの季節です。

0 件のコメント:

コメントを投稿