2015年6月16日火曜日

「燈明岳~知内岳~岩部岳」縦走

「燈明岳~知内岳~岩部岳」:知内山系稜線縦走コースを歩いてきた詳細はこちらsakagHP。東莱川沿いの林道ゲートをスタートし、大きい沢の林道終点にゴールした。

水平距離16km 所要時間8時間50分 累積標高+1496m 累積標高-1450m。アップダウン(ピークの数)大小13。

...............................................................
◇ルート上の地理院地図と国有林地図情報から
* 中東莱川
* 東莱川林道
*  標石905

△燈明岳。▲三等三角点:神馬山577.48m
* ・641m
* ・エスケープルートCo590m
* ・標石610
* ・656m

△奥丸山(点名)。▲三等三角点:奥丸山826.28m

△知内岳(新仮称)。contour line854m
* 標石613
* ・エスケープルートCo738m
* ・エスケープルートCo650m
* ・680
* ・607
* ・610
* ・701
* ・エスケープルートCo580m
* ・682
* ・683
*エスケープルートCo670m

△岩部岳。▲三等三角点:岩部岳794.24m
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

◇勝手に「知内山地」と呼んだ地域はどうなっているか。
・新仮称の「知内山」しかり、仮に呼んだ「知内岳」も然りだが、「岩部海岸道立公園」に平行して東北東から西南西に配列される山稜からなる山域になっている。尾根の長さも山地の面積も
福島町管内の方に軍配は上がる。「知内岳」は福島町管内でもある。

・地質説明書「知内火山岩類」の分布を見ると、知内の尖山から福島町の「池の岱山」を結んでいる山地にあたる。このことから、勝手に「知内山地」と呼んで無理が無いことを知った。

◇<以下地質図説明書から要約>
・「知内火山岩類」=標高500~800m の山稜が東西方向に延びている。
・東側は、三角点 ◬826.3mを頂点に丸山安山岩がつくる。・・・・・・・コモナイ川~知内尖山
・西側は、岩部岳,池ノ岱山などの溶岩円頂丘がつくる・・・・・・・・・コモナイ川~福島丸

 大まかには、知内町側と福島町側は、地質構造の界でもあった。

0 件のコメント:

コメントを投稿