2017年4月10日月曜日

伊勢鉢山:子午線標(当別丸山)

 道道の茂辺地~館線の冬季通行止のゲートが戸田の沢分岐に設置されていた。以前からの通行止めゲートは、さらに3㎞奥の西俣に入った場所だったから、度肝を抜かれた。リーダーは地獄、メンバは天国(?)。

計画通りとすれば、舗装路を一時間のアルバイトをしなければならない。行くべきか行かざるべきか意見が分かれた。常套句の「舗装路を歩くのは辛い」の一言で、やはり楽な方に流れ、代わりの案が出された。「計画の中止は良いけれど、計画外の行動は事故につながること多し」…栃木県の高校生が雪崩遭難にあい死亡事故を起こした事柄への専門家の論調。

戸田沢の下流にある当別丸山の天測点の「子午線標」を探索し、大釜谷の伊勢鉢山に向かう計画外の箇所が代替え案になった。提案したのはTAKAHASHI自身でしたが。

*子午線標訪問の記録・・・
◆当別丸山一等三角点(地理院基準点成果)
東経140.55011633°(140°33′004”) 北緯  41.7454°

◆子午線標(茂辺地川左岸)(HMC:スマホGPS読取り)
東経140.5501°(140.33’003”) 北緯 41.8002°

◆当別丸山の天測点の経・緯度は調べていないから、それと対比できない。
 また三角点から天測点方向への方位・距離は不明。

当別丸山の三角点と比べると、東経にして0.1秒(ほぼ±3m
子午線票は天測点の真北に設置されている。
GPSの精度は±5m程度とすると、まずまず真北に「子午線標有り」とする事柄は満足。

0 件のコメント:

コメントを投稿