2017年5月3日水曜日

酒谷山:山ほほ笑む季節

2017年5月3日酒谷山へ行ってきました。

冬、山スキーで登った山です。「山 ほほ笑む」季節に初めて訪れました。山ほほ笑むとは、チロチロと開葉早い木の葉が開き始める頃の広葉樹林の山容を言いたいと思う。

全道的にピッカリ晴れて初夏の温かさの中を出かけました。行楽の車が行き交い、農作業繁忙期の中を通り過ぎる。そんな行為の山登る私の姿に何故か違和感を覚えます。これは一体何故でしょうか!

2017/5/3 山ほほ笑む頃の酒谷山 ルート図
*農道終点に駐車しました。(車寄せのspaceがほぼ2台分ありますが何せ牧場への用件以外の乗り入れ原則ダメ)。

*駐車地点から牧場を森林の方向(南南西へ)にほぼ直進しました。

*牧場からの広がる展望は目を見張るものがあります。八雲平野、噴火湾、胆振の国、後志の国等。

の箇所にトドマツ孤立木が目立ちます。ここのササを押し分けると作業路跡(北電の作業路跡?)が見つかります。

→印の作業路に沿って送電線下の酒谷山直下まで地形そって徐々に高度を上げました。

*途中、標高400mを越えるあたりで、気付き難いけれど、作業路を横断する林野庁管理の境界(国・民界)管理歩道があります。

*頂上直下が草地の鉄塔広場になっています(ころあいの山座同定の広場で、長く滞在しても山座同定に興味尽きません)。

*鉄塔下の草地と森林(山頂への傾斜変換のコンター430)の界に良く管理された歩道(奥津内川と酒屋川を結ぶ)がありました。

*時を過ごした山座同定→雄鉾岳、遊楽部岳・臼別頭・白水岳・冷水岳の熊石アルプス、狩場山・カスペ岳・メップ岳・カニカン岳・点名利別Ⅱの桧山と後志界、長万部岳、黒松内岳、弁慶岬・雷電岳からニセコアンヌプリ~羊蹄山・後志岳の火山群、
*南に狗神岳等の濁川カルデラの山々、駒ヶ岳等などでした。 詳細は⇒こちら

0 件のコメント:

コメントを投稿