2017年7月21日金曜日

この身北の原野に朽ちるとも―十勝野開拓の祖・依田勉三物語 単行本


依田 勉三は日本の北海道開拓者。北海道開墾を目的として結成された「晩成社」を率いて十勝を開拓した。: 1853年6月21日 伊豆国生まれ: 1925年12月12日死亡。
単行本: 613ページ
出版社: 日本文学館 (2012/12)

その至誠の志しには如何にしてつくられたか! 高学歴の者が農こそ国を富ますとの志しは如何なる社会的背景があったんか。
背景の資料が裏付け合ったフィクション・ノンフィクション(ストーリー)を支えてくれ、一気に読める。

帯広のトンドンや六花亭と晩成社と言ったことも知った。
岳友yosiokaが♯♭依田勉三の詩を諳んじていたのも驚きだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿