2018年6月23日土曜日

尾札部川

尾札部川の左股と右股を偵察してきた。
 6月に入って4月下旬桜花咲くころの気温に戻ったりした。函館は変動の激しい天候だったが、このところ天候も落ちついてきた。

北海道の青空:ハルゼミの初鳴きがあった後になかなか気温が上がらなかった。陽射しがなく低温で肌寒い日が続いていた。しかし季節は夏に向かっていた。晴れれば、太陽の力を感じる。抜けるような青空が期待できる。沢登りのその日が来た。

 朝5時起きで尾札部川へ出かけた。自宅からほぼ40㎞。syoさんとsakagさんの記録がある、既に既知の沢であるが初沢にはいい。
 
 「明日は初沢を」と、沢友SYOさんから誘いがあった。僕は未遡行だが、最近知られてきた尾札部川を…と希望した。夏日の予報でもある。気候に恵まれた沢日であろう。

 水量は右股に軍配上がり、沢相は、左股に表層崩落が数カ所あって大径のブナの木が沢中を覆っていた分、左股は楽しむ点では減点か。
 
 双方の沢を、滝や滑の繰り返しのなくなったあたりで、行動ストップにした。この沢の上流はどうなっているか想像するしかない。

 滑が続いたり、滝は繰り返して出て来る。高巻きはあっても容易な斜面。一つの大滝だけは、チョットひやりとしたが登り終えて満足、しっかり緊張の降りを終えて我技に情けなさが残るが…渓相は良い。

 左沢で一カ所、右沢で一カ所でロープは出した。しかし特にロープは無くても左股も右股も支障はない。

……………………
◇入渓地点co25m~45m=川汲層の凝灰岩<形成時代: 新生代 新第三紀 中新世 後期ランギアン期〜トートニアン期 岩石: デイサイト・流紋岩 溶岩・火砕岩> 

◇co45m~co100m二股~左股全域=木直層の凝灰岩<形成時代: 新生代 新第三紀 中新世 後期ランギアン期〜トートニアン期 岩石: デイサイト・流紋岩 貫入岩>

◇co100m二股付近横断=安山岩質プロピライと石英斑岩<二股分岐co95m~coo105m間=形成時代: 新生代 新第三紀 中新世 後期ランギアン期〜トートニアン期 岩石: 安山岩・玄武岩質安山岩 貫入岩>

◇二股から右股=石英安山岩質プロピライト<右股co105mから上流=形成時代: 新生代 新第三紀 中新世 後期ランギアン期〜トートニアン期 岩石: デイサイト・流紋岩 貫入岩>

◇右股co220mまで河床に三か所介在=汐泊川層の硬質頁岩 頁岩互層<形成時代: 新生代 新第三紀 中新世 バーディガリアン期〜前期ランギアン期前期 岩石: 海成層 砂岩泥岩互層>  参照:地質ナビ【東海と尾札部】
 ……………………詳細はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿